値段が下がらない!NieR:Automata[ニーアオートマタ]の魅力とは

  • 投稿日:
  • 最終更新日:2017年12月13日
  • ke-go
中古価格が値下がらない!NieR:Automata[ニーアオートマタ]の魅力とは

以前こちらの記事でも紹介させて頂いた、ニーアオートマタが発売から3か月経っても価格が下がらないと話題になっています。

アクションゲーム総選挙の結果が発表される!意外?なゲームが1位に!

ゲームの価格は人気に比例して下がっていくのですが、発売から既に3か月以上経っているのにニーアオートマタの価格が全然下がっていません。

ニーアオートマタと同時期発売のソフト価格比較

魔女と百騎兵2の価格推移

魔女と百騎兵2

メーカー希望小売価格(税別):¥7,200
価格.com最安価格(税込):¥3,380

¥3820の値下がり

スーパーロボット大戦Vの価格推移

スーパーロボット大戦V

メーカー希望小売価格(税別):¥8,600
価格.com最安価格(税込):¥5,525

¥3,075の値下がり

NieR:Automata[ニーアオートマタ]

NieR:Automata[ニーアオートマタ]

メーカー希望小売価格(税別):¥7,800
価格.com最安価格(税込):¥6,588

¥1,212の値下がり

※出荷本数が少なく、値下がりが起きにくい作品は除いています。

どうでしょうか?他の2作品は¥3,000以上値下がっているのに対し、ニーアオートマタは¥1,000台の値下がりと他のゲームに比べ全然値段が下がっていません。

ニーアオートマタの魅力

ニーアオートマタの価格が下がらないのはゲームのクオリティが高く、その価格でも売れるとゲーム屋が判断しているからこそだと言えます。

そんなニーアオートマタの魅力を簡易的ながら説明させていただければと思います。

洗練されたストーリー

ニーアオートマタ開始画面

前作『ニーア ゲシュタルト/レプリカント』の時代から遥か未来の荒廃した地球が舞台になっています。

ストーリーは人類側が製造した「アンドロイド兵士」と異星人が製造した兵器「機械生命体」による戦いを描いており、シナリオの進行に合わせて人類側が製造したアンドロイド兵士である、2B、9S、A2の3名を操作キャラクターとして探索・戦闘を行います。

最初は感情というものがあまり感じられず、アンドロイド感MAXの2B。しかし、シナリオが進むにつれ他のアンドロイド・機械生命体と触れ合いどんどん人間らしくなっていきます。

その2Bの感情の成長を見るだけで楽しかったと思います。

そして、最後に訪れる・・・これ以上はネタばれになるので控えます。

独特な世界観・美麗なグラフィック

ニーアオートマタゲーム画面

マップがシームレスで敵との戦闘もそのままシームレスに突入します。

なので敵と戦闘に入る時にロード、マップを移動したらロードといったロード地獄のストレスを感じる事もありません。

広大なマップをサブクエストを消化しながら、当てもなく探索するだけでも楽しめます。

また、シナリオを進めるとファストトラベル機能も解放され移動も楽になり、ますます探索するのが楽しくなります。

画質はPS4独占タイトルとの事もあって現ゲーム史上最高レベルのグラフィックになっています。

魅力的なキャラ達

ニーアオートマタキャラクター紹介

ニーアオートマタが売れた理由の30%ぐらいがキャラデザ(キャラクターデザイン)によるものと言っても過言ではないと思います。

まず主人公である2Bが可愛い!9Sは格好いい!A2はかっこかわいい!といった感じです!

主人公勢以外のキャラも魅力的なキャラがいっぱいでてきます。

各キャラ全てキャラが立っており、同じ様なキャラがいないのも特徴でしょうか。

ニーアオートマタは値下がりを待たず買うのが吉!

発売から3か月経っても未だ価格が下がらないニーアオートマタ。

作品自体全体的なクオリティは最近の新作ゲームの中でも群を抜いています。

1年近く経てば値下がりはするでしょうが、1年待つのがもったいないぐらい面白いです!

PS4をお持ちの方はだまされたと思って買ってみてください!きっと「あぁ面白かったなぁ~」と思っていただけるはずです!

NieR:Automata[ニーアオートマタ]の価格推移

4か月経った2017/10/19本日に再度価格の推移を追ってみました!

ニーアオートマタの価格

でーん!¥6,630!

4か月前より42円上がっとるやんけ!

流石としかもう言い様がありません。

めっちゃ面白いからしょうがないね。中古市場に全く流通しないのでしょう。過去記事でも言ったように価格が下がるのを待たずして買うべきゲームです。

まだNieR:Automata[ニーアオートマタ]をプレイしていない人は今すぐ買うべきなゲームです!

他に紹介した2作品の価格推移

スーパーロボット大戦Vの価格推移2017/10/19

スーパーロボット大戦V4か月後の価格

¥685の値下がり

これこれ~!やはり中古価格は徐々に落ちていくんですね~。

魔女と百騎兵2の価格推移2017/10/19

魔女と百騎兵2の価格推移

¥620の値上がり

なんでやねん!上がっとるやんけ!

NieR:Automata[ニーアオートマタ]他2作品の価格推移を見て

最近は据え置き型ゲーム機で遊ぶ人が減ってきた為でしょうか、中古ソフトの値段が下がりにくくなっていると感じました。

最近のゲーム市場はいつでも気軽にできるアプリゲームの人気が高く、課金金額TOPのモンスターストライクは2017年で1041億円も課金されているようです。

NieR:Automata[ニーアオートマタ]はここ最近の据え置きゲームでは凄く売れたゲームですが、出荷本数は200万本くらいです。

メーカー希望小売価格で全て売れたと仮定しても156億円です。

アプリゲームとは違いソフトが売れたら、それ以降の継続的な課金要素はありません。DLCがありますが、コンテンツ量に限界があります。

この数字を見ると、ゲームメーカーがアプリゲームでヒットを飛ばしたいと思い、アプリゲームばっか作るのはしょうがないのかなと思います。

しかし、NieR:Automata[ニーアオートマタ]にはアプリゲームでは味わえない、美麗なグラフィック・重厚かつ壮大なストーリー・探索のワクワク感があります。

蛇足になってしまいましたが、ニーアオートマタは普段アプリゲームしかやらない人達にこそ是非プレイしてほしいゲームです。

関連記事

新着記事(5件)