加藤一二三(ひふみん)の勝負メシ+仰天エピソード!!

  • 投稿日:
  • 最終更新日:2017年12月26日
  • yasu
加藤一二三(ひふみん)の勝負メシ+仰天エピソード!!

加藤九段と言えばひふみんの愛称で最近はタレントとしても大活躍されてますよね。
癒し系のユニークなおじいちゃんといった印象でしょうか。

しかしながら加藤九段は将棋の世界では神武以来の天才と呼ばれ、初めて現役の中学生で棋士となった天才なのです。
棋士としても現役を77歳まで続けたまさに超人、生きる伝説とも言うべき方。2017年は藤井聡太四段の大活躍もあって、将棋界がとても注目された年でしたね。

対局中の昼食や夕食が勝負メシと呼ばれ、ニュースやワイドショーでも取り上げられたほどでした。
勝負メシをきっかけに将棋界や棋士に関心を持った方も多かったのでは?!
これから、そんな将棋界のレジェンド加藤九段の勝負メシやユニークなエピソードを見ていきましょう。

加藤一二三 九段は信念の人

加藤一二三九段

加藤九段と言えば信念の人として知られています。
納得がいくまでとにかく続けることが加藤九段の特徴なのです。常人だと飽きてくるようなことも追求し続けます。

将棋の戦法についても、とことんまで同じ戦法を使い続けました。
その戦法はもはや古いとプロの間では思われ、現代の将棋では対策が練られてもう通用しないことが常識になりつつあるのにです。

有名なところでは、対振り飛車における棒銀戦法でしょうか。

アマならばともかく、プロ棋士の間では棒銀は古い戦法と認識されていました。しかし加藤九段は棒銀戦法の優秀性を主張し譲りませんでした。
棒銀戦法とは銀を前に繰り出していき、相手陣に攻めかかる戦法です。
まさに加藤九段の人生も棒銀一直線!!曲がったことが大嫌いな信念の人なのです。

加藤九段3つの勝負メシ!!

加藤一二三 3つの勝負メシ

食についても同じように言えると思います。
対局時の昼食に頼んだ食事とまったく同じ食事を頼むのが加藤流。
昼にうな重を頼めば夕もうな重、昼が鍋焼きうどんなら夕も鍋焼きうどん、ずっとこんな具合です。

常人は昼夕まったく同じ食事を頼めませんよね、なかなか。
そんな加藤九段が昼夜問わず愛し続けた三軒をご紹介!

1.加藤一二三が愛したうなぎ ふじもと

うなぎふじもと

まずはとにかくここ!!将棋会館近くにある「ふじもと」のうな重です。
長年うな重の一択、安定の昼夕、うな重路線でした。

古くは対局室に食べ残したうな重を持ち込み、指しながら食べ続けたというエピソードもあります。
さすがに現在ではとても許されないことだと思いますが・・・

何故にうなぎなのか。

うな重

もちろん加藤九段がうなぎ好きということもありますが、うなぎは確実に出前が届き、すぐに食べられることも大きかったようです。
ちなみに昼食はうなぎ2枚のうな重(竹)、夕食はお腹が空くからという理由で、うなぎ3枚のうな重(松)を頼むことが多かったようです。

ふじもとのうなぎ

うなぎ

蒸しの入ったうなぎなので軟らかく箸で簡単に切れ、タレはスッキリと甘辛さを抑えた上品な味でうなぎ本来の味を楽しめると思います。
加藤九段の引退が決まった対局の昼食もふじもとのうな重でした。

棋士御用達の店ですが、加藤九段は開店当時から50年近くふじもとのうなぎを注文しつづけたそうです。
加藤九段の棋士人生にとって、切っても切れない間柄のお店なのではないでしょうか。

「うなぎ ふじもと」
住所:渋谷区千駄ヶ谷3-15-12
TEL:03-3401-6551
時間:11:30~15:00 17:30~23:00(土・日は昼のみ)
定休日:日・祝

主なメニュー
うな重:松4100円 竹3100円 梅2600円
うな丼:松4100円 竹3100円 梅2600円

2.加藤九段の新たな挑戦うどん ほそ島や

加藤一二三 ほそ島や

ほそ島や 内観

ほそ島や 鍋焼きうどん

うな重の一択にやや飽きてきたのか、変化を求める心境だったのか定かではありませんが、「ほそ島や」から昼夕鍋焼きうどんの出前を頼むようになります。

冬のみならず夏も頼んでいたのでしょうか・・・
ほそ島やは大衆的な、棋士御用達の蕎麦・うどん・丼物の人気店です。

実は加藤九段の鍋焼きうどんと言えば関西将棋会館での対局が有名なのです。
関西での対局時の出前といえば、必ずと言っていいくらい鍋焼きうどんとおにぎり6個でした!

ちなみにですが、加藤九段、関西将棋会館ではうな重の出前がないと長い間思い込んでいたらしいのです。
そんなこともあってもうひとつの好物、鍋焼きうどんとおにぎり6個を注文していたそうです。しかし好物の鍋焼きうどんにはひとつ欠点が。
それは、熱いため冷めるまで15分ほど待たないと食べられないということでした!

15分待っても決めたものを食べる。
加藤九段が信念の人と呼ばれる理由はこんなところにもあるのではないでしょうか。

「うどん ほそ島や」
住所:渋谷区千駄ヶ谷2-29-8 さかえビル1F
TEL:03-3404-0921
時間:11:30~15:00/18:00〜20:30(土曜日は14:30まで)
定休日:日・祝日

主なメニュー
チャーシューメン 850円 中華そば 600円 カツカレー 900円 天丼 950円
天丼 上 1,200円 親子丼 850円 親子丼 上 950円 かつ丼 850円
鍋焼きうどん 1,100円 天ざる 950円 鴨せいろ 950円 天とじ 950円

3.加藤九段の大好物!寿司 千寿司

加藤一二三 千寿司

千寿司 店内

千寿司 特上

大好物であるお寿司は「千寿司」の特上にぎりを注文!
長く、「うな重」「鍋焼きうどん」「特上にぎり」のローテーションを廻していたこともありました。
もちろんそこは加藤流、昼食も夕食も同じ食事、変えたりはしません。
頼む食事であっても信念を貫き追求する、この姿勢こそが77歳まで現役を続けられた秘訣なのかも知れませんね。

千寿司は千駄ヶ谷にある、これまた棋士御用達の店として知られています。
千駄ヶ谷にあるから千寿司なのかもですね。

加藤 九段はうなぎよりも寿司?

棋士の先崎九段が以前にあった加藤一二三 九段とのやりとりを紹介しています。
先崎九段:「先生、鰻とお寿司どっちがお好きなんですか」
加藤九段:「寿司です、寿司です」
先崎九段:「じゃあなんで鰻頼むんですか」
加藤九段:「いつも寿司だと飽きちゃうから」
という会話が印象深かったそうです。

昼夜同じものばかり食べるのにそういう感覚があるのかと驚きました。
ふつう鰻からお寿司に移行するとしても、お昼は鰻で夜がお寿司といったふうに中間の時期があるはずなのに、ある日突然どっちかに切りかわるという理由に関しては、
“いまだによくわかりません(笑)”・・・だそうです。

「寿司 千寿司」
住所:渋谷区千駄ヶ谷3-14-1
TEL:03-3408-0267
時間: [月~金] 11:30~15:00 17:00~22:30
[土] 11:30~15:0017:00~20:30
定休日:日曜・祝日

主なメニュー
特にぎり 1990円 特にぎり1.5人前2750円

加藤九段の食にまつわる逸話3選

夕食にまさかのカキフライ定食とチキンカツ定食を注文!!

加藤一二三 チキンカツ、カキフライ

加藤九段には本当に珍しく、うなぎ・鍋焼きうどん・寿司のローテーション以外のものを注文しました。
カキフライとチキンカツという種類の違う揚げ物定食を一人前づつ。加藤九段のことを誰より知っている周囲の棋士たちもこれにはビックリ仰天したそうです!!

この時、加藤九段は75歳。
失礼ながらそのお歳でこの食欲、しかも揚げ物の定食二人前。
残さずに食べきれたのでしょうか。
やはり天才と言われ続けていただけあり、常人の理解を超えたところに加藤九段の魅力が溢れていますね。

食べきれなくてもやっぱり特上が好き!!

加藤一二三 寿司

カキフライ定食とチキンカツ定食の注文だけではなく、違う対局では加藤九段、大好きな特上寿司と上てんぷら定食をも注文していたんです。
夜食でもあったためか、さすがに全部は食べ切れず、トロとネギトロ巻、エビのてんぷらは残したそうです。
しかし夜食ということを考えても、それならば特上や上ではなく、並でも良いのではないかと考えるのは、やはり常人の思考回路なのかも知れません。

天才には天才ならではの常人の理解を超えた思考回路があるのです!!

食べることに夢中でトークが進まず!!

加藤一二三 うどん温玉

加藤九段がテレビのトーク番組に出演するため、収録をテレビ局の社員食堂で行いました。
注文したのは、かけうどんと温泉玉子のトッピング。

食べることが好きな加藤九段のために食べながら話をしてもらおうというテレビ局側の狙いでしたが、加藤九段は収録の最中、司会者そっちのけでうどんを黙々と食べ続けしまい、トークしたのは
「うん、うまい」「うまい」
トッピングの温泉玉子をうどんに入れず、別に食べようとしたため司会者から「うどんに入れたほうが・・・」そんな内容だったようです。
マイペースで個性溢れる加藤九段らしいエピソードですが、これには司会者もテレビ局も困り果てたことが容易に想像できますね。

藤井聡太四段29連勝中の勝負メシ&対局相手まとめ

関連記事

新着記事(5件)