ガールズバー必勝法!?非モテを脱却する時がきた!!

  • 投稿日:
  • 最終更新日:2018年02月06日
  • yasu
ガールズバー必勝法

ひと昔前なら女性とお酒を呑める場所なんてキャバクラやスナックぐらいしかありませんでした!
しかし今はガールズバーや相席屋といった若い女性とお酒を比較的安価で楽しめる場が増えています。

出会いの少ない男子は是非行ってみたいと思うのではないでしょうか!

ただいきなりお店に出向くのは少しハードルが高い!!
料金やお店での振る舞い方、何を話題にすれば良いのか、変なヤツと思われたらどうしようとか、暗い、キモイと思われたらどうしようとか、マイナス思考が止まらなくなりますよね。

大丈夫です!!ガールズバーは非モテ男子を置き去りにはしません!
ひとりでも気兼ねなく入ることができ、楽しめるのも嬉しいポイントなのです!!

色々と経験や実践が不足している、そんな男子にこそ楽しみながら経験を積み、コミュニケーションの勉強や自分自身を鍛えるつもりでガールズバーを推したいのです!

ここでは脱非モテ男子を目指し、ガールズバーでのさまざまな振る舞い方を調べ実践し、モテ男子を目指していく術を紹介していきたいと思います!!

ガールズバーとキャバクラの違い

ガールズバーとキャバクラの違い

若くて可愛い女性がカウンター内でお酒を作り、カウンター越しでありますが楽しく会話をする事ができるのが『ガールズバー』なのです!!

キャバクラとは違って、隣に座って会話をするのが禁止されています。
そのおかげもあり、若くて可愛い女の子が多いお店が多いのです。
お店によっては女性スタッフがコスプレをしたりするお店もあります。

そしてキャバクラとの一番の違いは素人感!!
キャバクラの完璧な接客では味わう事のできない普通の女の子と普通の会話を楽しむ事ができます!!

ガールズバーでモテる男子を目指すなら!!

ガールズバー必勝法

どうして自分はモテないのだろう?と考えると切なくなったり、または自虐に走ったりもしますよね。

自分は暗いからだ、キモイからだ、コミュ障気味だからだ、などと自分自身を分析してみたりしますが、分析をしたところで何かが変わる訳ではないですし、結局は行動実践しなきゃ始まらないのです。
非モテ男子は頭でっかちなタイプが多く、一般的に女の子とのコミュニケーションを苦手としている印象ですが、しかし男性たるや女性にモテたいのは当たり前です!

モテない男はとにかくスキルを磨けばモテる男に変われる可能性を秘めています!!

ガールズバーへの入店前に必ず身だしなみチェック

女性が嫌いな男性のタイプを調べると何が1位にくるかご存知ですか?
ブサイク?つまらない男?オタク?

全部違います!!

清潔感のない不潔な男です!!

好感度の悪い男性の特徴でぶっちぎりの1位は不潔な事です!
つまり多少、顔やトークにハンディキャップがあっても清潔感があればとりあえずは戦場に立つ事はできます!

身だしなみを整えずにガールズバーに行くのは赤子がモビルスーツもなしに連邦軍とジオン軍の戦闘に割って入るぐらい無謀な事だと心得ておきましょう!

好感度の高い洋服とは

  • 濃いめのジーンズ
  • 爽やかな白シャツ
  • 冬ならシンプルなPコートなど
  • 靴は清潔感のある白のスニーカー

季節を問わず、サイズがちょうどいい穴の空いていない、濃いめのジーンズが一番好印象。
非モテ男子はサイズが丁度良い=ぴたぴたのジーンズと思いがちですが勘違いです。

適度にゆとりがあった方が印象値は高いです。

しかしながら席についてしまえばジーンズなんて全く見えないじゃん。と聞こえてきそうですが、お店の外で会う約束を取り付ける事が目標だったはず!なんなら下着にまで気を遣って戦場に赴くのが当然の嗜みです!!

上半身は白のシャツに普通のコートといった形でとにかく飛び抜けてオシャレさを狙わないのがポイントです。
可もなく不可もなくでいる事が大切です。

髪型はおでこを必ず出す

非モテ男子は顔に自信がない反動で前髪で顔を隠しがちですが、おでこを出すと人に与える印象がプラスになるそうです。おでこを出す利点として

  • 正直
  • 誠実
  • 清潔感

が付与されるのでここは必ず実践しておきましょう。

身だしなみを整えたらいよいよ実戦です!!

いざガールズバー(戦場)へ

ガールズバーでの会話術

ガールズバーでモテるにはこなれ感を演出する

緊張しているとは思いますが、入店したらまずその雰囲気を察知されないように気をつけましょう!
案内するスタッフに舐められたら先が思いやられます。

初めてなら毅然とした態度でシステムについてなどをこちらから質問しましょう。
もし丁寧に教えて頂けた場合でも相対する女の子に再度“ここのシステムってどんな感じなの?”
“こういうお店って何かお酒を奢っても大丈夫なの?”
といったように質問しましょう。

まだ何も情報がない状況では「ガールズバーの利用方法」というキーワードが唯一の共通点である上に、女性の方が知識が多いので自然と話を引き出しやすく、こちらもただ分からない事を聞いている風なので相手に知識をひけらかさせて気分良くさせる事ができます。

ガールズバーでモテるには余裕が大切

まずは会話を楽しむ余裕を持つことが一番です。
こちら側はお金という時間制限がある中で若くて可愛い女性と出会うこと、そしてあわよくば本当に仲良くなる事を目的として行くので時間制限がある以上、焦りが生まれます。

しかしその焦りが女の子に伝わってしまえば『惨敗』の二文字は目に見えています!!

まずは相手に合わせてゆっくりと会話を楽しむ事で相手に安心感と大人な、余裕のある男を演じましょう。

ガールズバーでは相手に合わせつつ会話を誘導する

女の子側のガールズバーで働いている理由や女性の個性や趣味も実にさまざまです。

例えばミュージシャン志望で音楽活動をしているのであれば、その女性とは音楽の話題が出来ますし、ゲームやアニメ、マンガ好きのヲタク系女性が働いていたら、ゲームやアニメを話題にすればよいのです。
目当てのお店にどんな女性が在籍し、気になる女の子の趣味や特技などはお店のHPやブログ、ツイッターに出ていることが多いので、あらかじめ下調べしておきましょう。

例えこちらが知らない話題であっても、恥ずかしがらず無関心にならず、どんどん質問してみて下さい。
質問上手が会話上手です。

ただ分からない事を聞くのが質問ではありません。
相手が答えやすい質問を少ない情報の中から見つけるのが会話術です!

女性が答えやすく、すぐに答えが出せる質問を投げかける事ですごく会話が弾んでいる錯覚に陥ります。
そして会話が弾む相手には必然的に警戒心は薄れていくものです。

しかしながらここで相手の話ばかりに耳を傾けていては目標を達成する事は出来ません!!
そこでセカンドステップです!

ガールズバーは見極めの教習場!!

ポイントは非モテ男子であるあなたが相手の投げてくる数少ない急所となるボールをいかに完璧に打ち返すかです!!

初めて話した女性を外に誘い出すのは容易ではありません。
そのため、会話の急所を見つけて攻めなければ店外でのデートなんて一生無理です。

しかしその会話の急所を見極める技術を持たないのが非モテ男子です。
お店にいる女性たちはそういった目的で話しかけてくる男を毎日相手にしています。
どうせ「ダメ元だ!」という気ぐらいで、何かの話題で盛り上がったら迷わず、単刀直入に店外へ誘いましょう。

宝くじだって買わなきゃ当たらないように、見極めの技術が低いのであれば、その技術が成熟するまでひたすらトライすればいいのです。
そうして徐々に匠へと成長していきましょう!!

色々なキャラクターを演じたり、様々なタイミングで誘ったりと色々試して自分自身の得意パターンを見つけられれば十分お金に見合った戦果となります。

ガールズバーで大切なポイントまとめ

ガールズバー必勝におけるワンポイント

脱非モテ男子を目指し、以下のポイントは押さえておきたいですね。

  • 親しみやすい雰囲気作り
  • 女の子からの共感を得られやすいキャラクター作り
  • 女の子への気遣いやフォローを怠らない姿勢
  • 女の子が身を任せられるこなれ感

これらのポイントを実践して行くと、次第に女の子とのコミュニケーションがとても楽しくなって来ますよ。

脱非モテ男子へ・具体的ポイント

  • 最初の一杯〜二杯は進んでご馳走する
  • 聞き役に徹しながらタイミングを伺う
  • 共感が得られるこんな客はNGを話題とする
  • 女の子の悩みと目標を話題とする
  • 外への食事の誘いは店内で対面で話す

細かく挙げていくとキリがないのですが、あとは自然体で「共感と親しみ」で挙げた点を意識すればOKです。

ガールズバーで彼女は作れる?

ガールズバーで彼女を作る

端的に言うとガールズバーの女の子を彼女にする事は可能です!!

キャバクラに比べ、ガールズバーはアマチュア感が出ています。
そこが良いから男性はガールズバーに行く理由のひとつになっています。

女性側もそれと同様、キャバクラほどプロ意識を持たなくて良く、気軽に割の良いバイト感覚でガールズバーを選ぶ子が多いです

そのためガールズバーにいる子は良い意味で「かなり普通の子」がたくさんいます。もちろん恋愛が目的の女の子もいますし、お客と付き合いしてみたいと思っている女の子だっています。

結論として彼女を作るのは決して不可能ではなく、男性側の振舞いや話題次第では大いに可能です。
ガールズバーで働いている人という見方をするのではなく、しっかりと一人の普通の女の子として紳士的に接していれば彼女にすることも決して夢ではありません!!

ガールズバーで起こる非モテの勘違い

ガールズバーでの勘違い

普段モテなかったり女性と縁のない男子にありがちなのですが、ガールズバーで女の子が自分の話しを聞いてくれたり、共通の趣味の話題で盛り上がったりすると、「もしかしてこの女の子、自分に気があるのでは?」なんて都合のよいことを、つい考えてしまいがちです。

しかし相手は接客が仕事なのですから、あくまでも仕事として自分の相手をしてくれているんだ、例え恋愛が目的でガールズバーで働いている女の子であったとしても、そんな冷めた意識は持っておきたいですね。
もしもそこで勘違いしてしまうと、「イタ客」認定間違いありません。

女の子の連絡先を入手しても調子に乗らない

ガールズバーの女の子と仲良くなると、LINEやメールアドレスの交換をすることになります。
ここで注意したいのが、先に挙げた「勘違い」なのです。

ガールズバーで意気投合したと思った女子に一友人と思ってLINEやメールのやり取りをしていても、相手の女の子からしたら単なる営業LINEのつもりだったりしますので、短絡的な考えからあまり馴れ馴れしい言葉使いはしないようにしたいところです。

この辺りに「非モテ男子らしさ」が如実に出るので、気を付けたいですね。
連絡はあくまで紳士的に、でも会う約束を取り付けたら攻める気持ちを持っていきましょう!

もちろん明らかに営業のLINEやメールなら、応じる、無視するはあなた次第です。

ガールズバーでの予算、女の子の指名は可能?

ガールズバーの料金

ガールズバー料金は基本的に時間制となっています。
30分~120分がワンセットで、最初のセットが基本セットとされています。

お店で最初の料金はこの基本セットのものとなります。
その料金を支払えば決まった時間まで、好きにお酒を飲んだり、女の子との会話を楽しむことができます。
基本セットが終了すると、延長セットを利用することになります。

この場合、注意しなければならないのが延長の場合は、基本セットより料金が高めに設定されていたり、同じ料金であっても時間が短い、というケースが多いという点です。

入店時に料金システムを確認しておくと安心です。

たとえばですが、1時間3000円でフリードリンクのお店が多い印象です。
ただし店員の女の子にドリンクをせがまれておごる必要は出てきます。
女の子のドリンクは一杯1000円が相場。

たとえば2時間いたとしたら6000円+女の子のドリンク代+消費税と考えてよいです。

ガールズバーは本来指名というものを作ってはいけない法律上での形態なので、指名の出来るお店と出来ないお店があります。

あらかじめ確認しておくとよいでしょう。

良心的なガールズバーと悪質なお店の見分け方

料金システムの説明を丁寧に優しくしてくれることは絶対条件になります。
悪質なお店だと専門用語ばかりを並べて、よく理解させないまま料金システムの説明を終わらせる場合もありますので、危険!!と感じたらすぐに店を出ましょう。

あのネガティブモンスターに熱愛報道!!

ネガティブモンスター熱愛

お正月にお笑い芸人、オードリーの若林さんの熱愛が報じられましたよね。

ご存知の方も多いかと思いますが、若林さんは「ネガティブモンスター」の異名を取るくらいの超ネガティブで人見知り、大の女性不信男性でした。
しかしそんな若林さんの長所は不思議なくらい親しみやすい雰囲気と、同じくネガティブさを持つ女性からの共感性にありました。

若林さんの熱愛は脱非モテを目指す男子に大いに参考になるはずです。

ガールズバーまとめ

ガールズバーは非モテ男子を自認している人ほど、実生活で異性とのコミュニケーションに役立つことが実に多いです。
女の子と楽しく会話をしながらお酒を飲むということだけで、経験となり学ぶことが出来ます。

料金もキャバクラと比べ非常に安く、敷居も高くはありません。
非モテ男子から脱したい!!そう思っている人には最適な楽しいコミュニケーションの場なのです。

色々と紹介させていただきましたがいくら知識を身につけた所でそれは可能性を引き上げるためのもであり、ガールズバーで確実に女の子を口説き落とせるというわけではありません。
しかし!!上記の内容を実践するようにしてからかなり確率が上がったのは事実なので是非参考にしてみてください。

部屋でインターネットやSNSもよいですが、少しの勇気を出してあなたもガールズバーで、脱非モテ男子を目指してみましょう!

関連記事

新着記事(5件)