贈り物やプレゼントにおすすめの日本酒ランキング!!

  • 投稿日:
  • 最終更新日:2018年02月13日
  • Shuuu

古くから日本酒はお祝いの席で飲まれるとても縁起の良いお酒です。
プレゼントを贈る相手がお酒好きであるならばほとんどの人が喜んでくれるはずです。

ワインだと好みが偏りがちですし、焼酎はクセが強いものも多く、好き嫌いがハッキリとわかれてしまうので、贈る相手の情報量が少ない場合は日本酒を選べば失敗はほぼゼロに等しいかと思います。
たとえ味が苦手でも「縁起物」だからという理由で必ず口をつけていただけるので私自身、お世話になった人やお祝いの席に持参する贈り物は決まって日本酒となっています。

そこで今回はシチュエーション別に価格帯で選ぶおすすめ日本酒ランキングを作成しましたので是非プレゼントや贈り物を悩まれている際の参考にしてください。

プレゼントに最適なおすすめ日本酒ランキング

贈り物に最適な日本酒ランキング

3つのシチュエーション(価格帯)でのランキングを発表しています。
味がとにかく美味しいものという観点ではなく、お祝いやプレゼントであれば味以上に知名度や価格も大切になってくるのでそういったシチュエーションでの最適な銘柄という視点でランキングを作成しています。

予算1万円以上で選ぶ高級日本酒

誕生日や何かしらのパーティーに持っていくには少しお高いという価格帯です。
結婚のご挨拶や、すごくお世話になった人に挨拶へ出向く際など、しっかりと面と向かって挨拶をし、感謝の気持ちを述べたい時には奮発して1万円以上の価格帯のものを選びましょう。

金額で相手への敬意を伝えるのもとても大切な事です。

第1位 獺祭 磨き二割三分(山口)

獺祭 磨き二割三分

お酒好きな年配の男性から若い女性まで、とにかく人気で流行りの銘柄です。
獺祭 磨き二割三分にはもう一つ、お値段が1.5倍ほど高い「獺祭 磨き二割三分 遠心分離」というものがあります。
こちらは遠心分離の技術を酒作りに利用した物になっています。

初めて贈る時は「獺祭 磨き二割三分」
相手の反応を見てとても喜んでもらえた場合は、次回「獺祭 磨き二割三分 遠心分離」をプレゼントするのがおすすめです。

日本酒が苦手という人でもこれなら飲める!飲みやすい!と喜んでいただけるので、プレゼントを贈る相手が夫婦の場合はこの銘柄を選ぶようにしています。
“今まで晩酌に付き合ってくれなかった妻がこの日本酒なら一緒に飲んでくれたよ”と大変喜んでくださった事もありました!

1.8L 10,285円(税抜き)
720ml 5,142円(税抜き)
※箱の有無や材質、プレミア価格など、値段が変わる事があります。

おすすめ度:

「獺祭 磨き二割三分」特徴

女性には特におすすめ!
23%(77%)という極限まで磨いた山田錦を使った「純米大吟醸」
口に含んだ瞬間に感じる甘みと鼻に抜ける華やかな香り、ノドを通して感じる旨みがすっと消えていく爽快感。
それでいて2口、3口と飲まずにはいられない奥深い味わいは喜ばれる事間違いなしです。

「獺祭 磨き二割三分」悪い点

流行り過ぎ!
美味しくて人気が高いのはもちろん良い事なのですが、あまりに流行り過ぎている感は否めないです。
贈る相手がたくさんの人から贈り物をもらう事を想定した場合「獺祭」では他の方とプレゼントがかぶってしまうかもしれません。

第3位 龍力 米のささやき 秋津(兵庫)

龍力 秋津

原材料にとことんこだわった高級日本酒です。
今回紹介する日本酒の中でも最も金額的にお高く、中々自身で購入して呑む事はないかと思います。
だからこそ贈り物としては本当にスペシャルなものになります!

日本酒好きなら3万円する日本酒をもらって喜ばない人はいないでしょう。
金額が金額だけに受け取った側もあなたの日頃の感謝の気持ちを十分に理解してくださる事間違いなしです!

1.8L 30,000円(税抜き)
720ml 15,000円(税抜き)
※箱の有無や材質、プレミア価格など、値段が変わる事があります。

おすすめ度:

「龍力 米のささやき 秋津」特徴

最高の日本酒を贈りたい人におすすめ!
全て兵庫県特A地区産の特上米を使用した究極の大吟醸の名が相応しい日本酒。
最高品質の山田錦を使った日本酒はとにかく香りが素晴らしく、味もまろやか!
値段が高いだけではない、本当にこだわりの詰まった日本酒です。

「龍力 米のささやき 秋津」悪い点

値段が高い!
この金額に見合うだけの旨さを誇りますが、やはり高い。
いくらお世話になった相手でも日本酒に3万円出すのは簡単な事ではないです。

第3位 梵 超吟(福井)

梵 超吟

青い瓶に金文字が美しくお祝いにはぴったりな日本酒。
梵のお酒は国の大切な行事や晩餐の席で振舞われた日本を代表する大変おめでたいお酒です。
そんな価値ある日本酒メーカーの最高峰となる「超吟」は華やかなお祝いの席で間違いなく高評価を得られる事でしょう!

街の酒屋では中々手に入らない、プレミアムな日本酒を贈りたいという方にはかなりおすすめの銘柄でございます。

720ml 10,000円(税抜き)
※箱の有無や材質、プレミア価格など、値段が変わる事があります。

おすすめ度:

「梵 超吟」特徴

全てがプレミアム
梵を代表し、頂点に位置する日本酒である「超吟」はお祝いの席でとにかく喜ばれる事でしょう!
山田錦を20%まで精米した原材料を使用しており、小仕込みで醸した香り高い純米大吟醸酒を、マイナス8度で5年以上熟成させています。

メディアによる反響が多いですが、地元福井でも自慢の銘酒として愛される価値ある日本酒です。
定番ではなく、手に入りにくい個性的な贈り物をしたい人におすすめです。

「梵 超吟」悪い点

手に入りにくい!!
地元の酒屋で気軽に手に入るような物ではないので購入する場合はインターネットの力を借りなければ手に入れるのは困難だと思います。贈り物を通販で購入するのに懸念がある方には不向きな銘柄と言えるでしょう。

複数の人に贈りたい場合も稀少なお酒なので、数が用意できない可能性が高く入手難度が一番の弱点と言えます。

予算1万円ぐらいで選ぶ日本酒

ちょっとしたお祝いの席などの手土産に。
贅沢ではあるけど贈答品としては高過ぎず安過ぎず、もらう側も負担にならないのでこれぐらいの価格帯が丁度良いと思います。 友人への誕生日プレゼントなどには最適かと。

第1位 久保田 萬寿(新潟)

久保田 萬寿

とにかくおすすめなのが言わずと知れた人気銘柄「久保田シリーズ」の最高峰『萬寿』です。
お酒好きならだれもが見聞きした事のある超有名銘柄です。

プレゼントの醍醐味でもある驚きや遊び心にはやや欠けますが、絶対に失敗したくない状況であればこれ程安心して選べるお酒はないのではないかと思います。
味・知名度・価格のバランスがとても良く、絶対に失敗したくない日本酒選びの際には久保田 萬寿が最適なものと言えます。

1.8L 8,110円(税抜き)
720ml 3,640円(税抜き)
※箱の有無や材質、プレミア価格など、値段が変わる事があります。

おすすめ度:

「久保田 萬寿」特徴

淡麗辛口の代表格!
豊かな香りと柔らかな口当たり、深い味わいが特徴のすっきりとしたとても飲みやすい日本酒です。
冷酒としても、常温・ぬる燗でもしっかりと存在感を主張し、お酒好きなら間違いなく楽しんでいただける一品ではないかと思います。

「久保田 萬寿」悪い点

久保田という超定番!!
上記でも記載していますがとにかく安定感がありすぎて逆にそこがマイナスポイントでもあります。 贈り物としては新鮮味や驚きに欠けてしまうのが唯一の弱点なのではないかと思います。

第2位 川鶴 吉祥翔鶴(香川)

川鶴 吉祥翔鶴

この価格帯で一番のおすすめはこちらの吉祥翔鶴(きっしょうしょうかく)です。
木箱に入っているので贈答品としてとても見栄えが良く、「吉祥翔鶴」という名前も縁起が良いのでこのお値段の日本酒としてはかなり喜ばれると思います。

1.8lを買うと価格帯的に一万円クラスになってしまうのですが、さらっとその場で飲みきってもらえる720mlのものを選べば価格的にもバランスがとれるのでおすすめです。

1.8L 10,000円(税抜き)
720ml 5,000円(税抜き)
※箱の有無や材質、プレミア価格など、値段が変わる事があります。

おすすめ度:

「川鶴 吉祥翔鶴」特徴

地元讃岐の限定酒!
香りのバランスも良く、口の中に含むと鼻に抜ける香りがとにかく素晴らしい。
そして辛口ならではのキレのある喉越しがお酒好きには堪らない大変希少な日本酒です。

限定品のため通販での購入が主になるかと思いますが、プレミア価格がついている事もないので比較的手に入りやすいかと思います。就職や出産と言った、未来に羽ばたくようなお祝い事の際には特におすすめです!

「川鶴 吉祥翔鶴」悪い点

目上の方には不向きかもしれません。
友人同士でのお祝い事には大変素晴らしい日本酒ではありますが、「飛翔」という表現が目上の方へのプレゼントとしては少し偉そうに感じるかもしれません。

贈る相手との関係性や渡し方にも配慮が必要となってくるかもしれません。

第3位 勝駒 特吟(富山)

勝駒 特吟

高級な日本酒と価格的にはほぼ変わらない商品をご紹介。
この日本酒に関しては本当にどの分類に入れるべきか悩みました。なぜならこの日本酒、プレミア価格がついており、すぐ入手しようとすると上で紹介した高級ジャンルの物よりも値段が高いのです。

しかしながらそんな数万円はする価値あるプレミア品を定価で入手できれば鼻高々になれる事間違いなし!友人同士の集まりに持っていけばかなり自慢できる一品となっています。

1.8L 8,000円(税抜き)
720ml 3,500円(税抜き)
※箱の有無や材質、プレミア価格など、値段が変わる事があります。

おすすめ度:

「勝駒 特吟」特徴

マニア唾涎ものの日本酒
勝駒は機械プレスではなく、いわゆる袋吊りで自然に滴る雫だけ集める事でとにかく香り豊かな贅沢な日本酒となります。
小さな酒蔵が製造するため数は少なく、毎年あっという間に売り切れてプレミア価格がついてしまう「幻の日本酒」といっても過言ではない今第注目のお酒です。

日本酒好きとしてはプレミア価格で購入するのではなく、電話をかけて入荷待ちをしたり予約できるお店を探すなど、手間はかかってしまうかもしれませんが、作り手が考え抜いた金額で購入していただきたい。

「勝駒 特吟」悪い点

超プレミムな日本酒!
ここまで読み進めていただいたらもう大方の予想はできていたと思いますが、本当に手に入りにくい。
ふと思い立って買おうとすれば数万円はします。やはり安定的に入手できないので贈り物として起用するのは中々困難かもしれません。

予算5,000円ぐらいで選ぶ日本酒

気軽に友人やお知り合いにプレゼントするなら5000円ぐらいの日本酒がおすすめです!
価格帯としては安めではありますが、侮ってはいけません。

贈り物としてはある程度の金額も重要になってくるので大切な催しではおすすめしません。
しかし味に関しては各有名日本酒メーカーがブランドを知ってもらうために妥協なくしっかりと作っているので美味しいです!

第1位 獺祭「純米大吟醸」磨き三割九分

獺祭 磨き三割九分

上記でも紹介させていただいた獺祭がこちらでもランクインしました。
やはり何と言っても現在の日本酒ブームの中でも一際人気の高い銘柄となっているので失敗が絶対にありません!
友人に招かれたパーティー等ではワインを贈り物とする方が多くいらっしゃるので、ワインとの相性も考えるとフルーティーな味わいの獺祭はとてもおすすめです。

価格的にも二割三分に比べ安価でありながらその味は「本物」であるためコストパフォーマンスの面でも大変評価できる日本酒となっています。

1.8L 4,476円(税抜き)
720ml 2,417円(税抜き)
※箱の有無や材質、プレミア価格など、値段が変わる事があります。

おすすめ度:

「獺祭 磨き三割九分」特徴

獺祭の始まり。
獺祭の魅力を味わうなら三割九分を飲まなければ始まりません。
口に含んだ瞬間から広がる“これぞ獺祭!!”と言いたくなるフルーティーで芳醇な香りが鼻腔を広げます!!
舌先で甘みを感じながらも喉を通るとスッキリとしています。だからこそ獺祭は2口、3口と飲むのをやめられなくなるのです。

「獺祭 磨き三割九分」悪い点

この金額で飲めるお酒としては欠点なし!
最高のコストパフォーマンスを誇るこの日本酒にケチをつけるのはかなり難しいかと思います。
私にはこれといったマイナスポイントはみつけられませんでした。

第2位 英勲 古都千年

英勲 古都千年

お祝いにぴったりな味良し、見た目良しな一品

京都の日本酒製造用の米、その名も「祝(いわい)」を使って作られる純米大吟醸は使用しているお米の名称からもわかる通りとにかくめでたい行事にはぴったり!!

米国の「全米日本酒歓評会」において2005~2009の5年間連続で金賞を受賞するなど、海外でもその評価はとても高く、外国人への贈り物としても素晴らしいお酒です!!

1.8L 5,000円(税抜き)
720ml 2,500円(税抜き)
※箱の有無や材質、プレミア価格など、値段が変わる事があります。

おすすめ度:

「英勲 古都千年」特徴

京都の名水から生まれた純米大吟醸。
歴史ある京都にちなんでつけられた名前の通り、歴史の風情を感じる実に味わい深い日本酒です!

フルーティーでありながらキリリと辛口!
まろやかで上品な味わいは万人受けする事間違いなし!!

「英勲 古都千年」悪い点

言葉を添えなければお祝い感は薄い!
せっかく「祝米」をつかっているのにそれをアピールできなければなぜこの日本酒を贈り物に選んだかの真意は理解してもらえないでしょう。
古都千年が持つ魅力を存分にあじわってもらうにはその魅力を引き出すトーク力が必要になります。

第3位 梵 GOLD

梵 GOLD

GOLD!の名は伊達じゃない!

名前も見た目もこれでもかというぐらいGOLD!
金運がよくなりそうなので企業した人などへの贈り物に最高です!

見た目のインパクトはもちろん、数々の賞を受賞しています!
一見ふざけているようにも感じますが、見た目だけでなく、味ももちろんGOLDです!!

2日間にも及ぶ審査がある「US National Sake Appraisal 全米日本酒歓評会2016」で「香り、味、バランス、総合評価」の 4つのカテゴリーで審査された「梵 GOLD 無濾過 純米大吟醸」は4年連続金賞を受賞ています。

1.8L 3,000円(税抜き)
720ml 1,429円(税抜き)
※箱の有無や材質、プレミア価格など、値段が変わる事があります。

おすすめ度:

「梵 GOLD」特徴

ワイングラスで飲みたい日本酒
よーく冷やしてワイングラスで飲みたいのがこちらの「梵 GOLD」です!

凝縮されたその旨味は安価ながら飲むものを唸らせること間違いなし!
日本料理との相性はもちろん、チーズやバターなどを用いる西洋料理との相性も抜群!!

この価格で飲めるお酒としては本当に金メダルをあげたいほどに素晴らしい完成度を誇る日本酒です!!

「梵 GOLD」悪い点

派手すぎる
ローマ字を使った商品名などが贈る相手によっては微妙かもしれません!

目上の方に贈る場合はギャグが通用する関係性の場合のみにしましょう!
しっかりとした格式のある席ではあまり好まれないかもしれません。

贈り物やプレゼントにおすすめの日本酒まとめ

その時々の流行りや入手難度など、さまざまな理由で価格や評価に影響が生じるお酒は、贈り物として素晴らしい反面、相手の好み等も考えなければいけないから実に選びにくい!

今回紹介させていただいた日本酒たちは知名度や価格、味の評判、筆者の好みなど、いろいろな目線からランキングを作成させていただきました!

どれも絶対おすすめのお酒ばかりなのでぜひお祝いの際には参考にしてみてください!

関連記事

新着記事(5件)