パスタ水切り容器を被った免許証が承認される

  • 投稿日:
  • 最終更新日:2017年06月04日
  • ke-go
パスタ水切り容器を被った免許証が承認される

免許に使われる証明写真はその人物が一目で判断でき、、他人のなりすましを見分けることが必要なので、被り物・マスク・サングラス等は外して写真を取らないといけません。

しかし、宗教上の理由があった場合は特例になる場合があります。

その特例を使い、アリゾナ州チャンドラー居住のショーン・コーベットさんはパスタ水切り容器を被った写真を運転免許証の写真として提出し、承認されました

しかし、同州の交通行政当局は、宗教に絡む特例事項はあるもののコーベットさんの場合は認められるべきではなかったと主張。水切り用容器をかぶった写真と運転免許証を無効にする準備を進めている。

パスタ水切り容器を被る空飛ぶスパゲッティ・モンスター教

空飛ぶスパゲッティー・モンスター教の免許証

空飛ぶスパゲッティ・モンスター教の信者はパスタの水切り容器を被る習慣があるので、それを「宗教上の理由」として使ったようです。

空飛ぶスパゲッティ・モンスター教とは

空飛ぶスパゲッティ・モンスター教はインテリジェント・デザイン説を公教育で教える事になる事に対する批判をするために創始したパロディ宗教として設立された宗教です。

オランダで宗教団体としての登録を申請し、2016年1月26日に認可されています。

主な教義としては、

  • 宇宙は空飛ぶスパゲッティ・モンスターによって創造された。これは空飛ぶスパゲッティ・モンスターが大酒を飲んだ後の事であった。
  • 信者は海賊の衣装を着る。海賊はスパゲッティ・モンスター教の教義の中で重要な位置を占めている。
  • 天国にはストリッパー工場とビール火山が約束されている。また、女性やゲイの信者のための男性ストリッパーも存在している。
  • 祈るとき、「アーメン」の代わりに「ラーメン」と言う。
  • 学校教育では進化論のみならずスパゲッティ・モンスター創造説も教えるべきだ。
  • スパゲッティ・モンスター神が存在しないという明確な証拠さえ提示されるのであれば、スパゲッティ・モンスター神が存在しないという事さえ否定しない。

といった教義があり、パロディ宗教らしくぶっとんだ教義だと言えるのではないだろうか。

まとめ

水切り用容器をかぶった写真と運転免許証を無効にする準備を進めている。とありますが、免許が無効になった場合イスラム教の女性信者の免許証はどうなんでしょうか?

目元しか空いてないので、本人の確認のしようがない気がします。それよりもまだ、水切り用容器をかぶった写真が免許証に載っている方が本人と見分けがつく分マシに思えます。

しかし、今回の様なパロディ宗教の免許が承認されるようであれば、宗教上の理由としてなんでも認められてしまう可能性もあるので考え物です。

引用元:CNN.co.jp

関連記事

新着記事(5件)